英会話教室

【ぶっちゃけ】英会話教室の効果を検証|通う意味はなく、お金の無駄なのか?

最近、英会話教室に通う方が急増しています。しかも大人・子供に関わらず、幅広い年代の方が通っているのです。

その背景としては、やはり社会のグローバル化があります。社会人であれば英語スキルが昇進などに大きく関わる企業も多く、子供であれば親は将来のために英語スキルを習得させたいと考えるでしょう。

とは言え、英会話教室に通うだけで本当に英語を話せるようになるのか?疑問に思ったことはありませんか。

そこで今回は「英会話教室に通うと、具体的にどのような効果があるのか?」についてお届けしていきたいと思います。

【結論】英会話教室に通っても効果はないのか?

ー得られる効果ー
  • 英語の勉強を習慣化できる
  • サポート体制が整っているため継続しやすい
  • カウンセラーがいるため、気軽に質問できる
  • 英語を学ぶ友達に出会えるので、モチベーションが上がりやすい

結論から言うと「主体性を持っている人であればあるほど、効果は出やすい傾向にあります」。

自分が英語を学ぶはっきりとした目的を持ち、そのための学習法として英会話教室を利用すれば、効果をより早く実感できるでしょう。

最近の英会話教室では、さまざまな目的にそったコースが揃っています。目的にあったコースを正しく選ぶことも、効果を実感するためには大事なことです。

上記では英会話教室で得られる効果をまとめていますが、それぞれについて触れていきます。

効果1)英語の勉強を習慣化できる

英会話教室は”予め決まった曜日に通わなければならない”という強制力があるため、勉強を習慣化しやすいです。

どんな勉強においても言えることですが、自分だけで継続して勉強することはとても難しいと言われています。初めのうちは進んでいても、段々とサボりがちになってしまうことも少なくありません。

また、オンライン英会話などでは、毎回自分で予約を取る必要があるため、英会話教室と比べると強制力は低めです。

効果2)サポート体制が整っているため継続しやすい

多くの英会話教室では、日本人の英語力を効率的かつ段階的に高めていくための、体系的なプログラムやカリキュラムが組まれています。

そのため、生徒はそのプログラムに従って学習していくだけで、英語力を鍛えられるようにできているのです。

また、一人ひとりに対してカウンセリングを行っているため、効率的で最適な学習カリキュラムを組めます。一人で学習するよりも、学習時間を短縮することが可能です。

効果3)カウンセラーがいるため、気軽に質問できる

英会話教室では、講師以外にもカウンセラーに英語学習の相談ができます。

効率的な英語学習の方法や時間の使い方・おすすめのテキストなど、何でも相談可能です。

英会話学習においては、どうしてもつまづいてしまうポイントが途中で出てきます。そんな時に、適切なアドバイスを貰える相手がいれば安心です。

効果4)英語を学ぶ友達に出会えるので、モチベーションが上がりやすい

マンツーマン形式のレッスンの場合は異なりますが、グループレッスンを選んだ場合は同じ目的をもった仲間と出会えます。

講師やカウンセラーにも言えないような悩みを言えたり、何よりもレッスン自体が楽しくなれば、ますます学習は進むでしょう。

どんな勉強でも、まずは楽しみことが一番です。ぜひ英会話の仲間づくりに挑戦してみましょう。

英会話教室で効果を感じられない理由と対策

先ほど「英会話教室に効果はある」と言ったものの、効果が感じられない方がいるもの事実です。

しかし、効果が感じられる人と感じられない人には3つの大きな差がありました。

【効果を感じられない3つの理由】
  • 理由1)レッスン外での自習量が足りていない
  • 理由2)会話になると自信がなくなって話せていない
  • 理由3)講師との相性が良くない

以上のような理由が多く、ここからはそれぞれについて詳しく触れながら、その対策についてもお届けしていきます。

理由1)レッスン外での自習量が足りていない

英語取得に必要な時間は、最低でも3,000時間と言われています。そのうち1,500時間は学校教育で習うので、実質あと1,500時間は必要です。

1回60分のレッスンに、週2で通った場合を考えてみましょう。1年を52週とすると、なんと15年もかかる計算です。

しっかりと英語を話せるようになることを考えると、英会話教室だけでは圧倒的に学習時間が足りていません。

まず英会話教室は、あくまでも学んだ英語を「アウトプットする場」だと頭に入れておく必要があります。英会話教室は学習の一部なのです。

自宅での学習で「基礎単語」「基礎文法」「リスニング」「リーディング」をインプットし、その上で英会話教室をアウトプットの場として利用すれば、より確実に成果が出るでしょう。

対策

効率良く自宅学習する方法として、アプリを使うこともオススメしています。スマホやタブレットなどで気軽に学習できるため、ちょっとしたスキマ時間も活用可能です。

また、アプリは楽しく英語が学べるよう設計されているものが多いため、ぜひ自分にあったアプリを探してみてください。

以下におすすめのアプリをピックアップしておきました。

英語物語・・・楽しく英語を学びたい人に最適なロールプレイング型ゲームアプリ
Duolingo(デュオリンゴ)・・・世界で一番ダウンロードされている総合型英語学習アプリ
英語単語アプリ mikan・・・TOEIC、TOEFL、英検などのテスト対策用英単語アプリ

理由2)会話になると自信がなくなって話せていない

日本人は、真面目にコツコツ勉強してインプットすることは得意なのですが、それを実際に英語を話すこと(アウトプットすること)が苦手な傾向にあります。

なぜなら元々の内向的な気質に加え、日本にいると「英語を話す必要がある環境」がないためです。

必要に迫られないため話す機会がなく、「話す」ということがとてもハードルの高いことに思えてしまうことも。

英語は話されなければ、どんなに知識があっても話せるようにはなりません。

対策

話せば話すだけ自信がついてくるので、英会話教室では積極的に話してみましょう。

講師の先生やグループの人と楽しく会話するためにも、お互いの文化や時事情勢、流行などにも興味を持っておくことも大切です。

英会話を学習する際も、海外の時事ネタや文化を題材とした教材で取り組むことはとても好評となっています。

理由3)講師との相性が良くない

日本人が英語を話せるようになる上で、障害となりがちな「日本人特有の癖」というものが存在します。

まず日本人は「学ぶ」けれども「使うトレーニング」をしない傾向にあります。日本の英語教育はほとんどが「読む」「書く」という、試験対策用の科目になっているのが現状です。

習ったことを具体的に実践する場がないため、結果として習った英語の使い方・話し方が分らない状態となっています。

例え英会話教室に行っても、同じことが言えます。得た知識をどう使ったらよいのか分らず、それだけで終わってしまう可能性もあるのです。

また日本人は「間違い」を恐れてしまう傾向が強くあります。周囲の目を気にして行動する癖のある人は、間違えて恥ずかしい気持ちになることを避けようとするため「英語で話す」ことにも恐れを感じてしまうことが多いです。

対策

日本人特有の癖を理解している講師であれば、しっかりと一人ひとりに合った対策を行ってくれます。

難しい部分は、教えるプロに任せるのが一番です。

上記の点を踏まえて、どのように英会話教室を選べば良いかわからない場合は、代表的なスクールとして「ロゼッタストーン・ラーニングセンター」をオススメしておきます。

学習目的に沿ったさまざまなコースが充実しており、無料体験レッスンもあるので気になった方はぜひチェックしてみてください。

【期間別】大人と子供別!どれくらい通えば成果が出るのか?

近年では習い事として、英語を習う子供も増えています。その傾向にともなって、キッズ向けの英会話教室も増えてきました。

詳しい文法の仕組みなどは中学・高校で教わるので、キッズ英語では身の回りで簡単に使えるフレーズや単語を中心に学びます。

実際に大人と子供ではどれくらい通えば効果を実感できるのでしょうか?週1でレッスンに通ったとして、期間別に効果をまとめてみました。

一般的な大人が得られる効果

【1ヶ月時点での効果】
  • ごく簡単な英語であれば相手の言葉も聞き取れる
  • 片言であれば受け答えができる
  • 円滑なコミュニケーションにはほど遠く、効果はさほど感じることはない
【3ヶ月時点での効果】
  • ある程度の日常会話は聞き取れ、簡単な返しもできる
  • ネイティブの早さは厳しい
  • 慣れてきて少し楽しめる余裕が出てくる
【半年時点での効果】
  • 日常会話がスムーズにできる
  • 海外旅行でも困らないレベル
  • ほとんどの人は学習の成果を実感できる
【1年時点での効果】
  • 海外の人と議論ができる
  • 国の文化や時事ニュースなど深い話でも会話できる

一般的な子供が得られる効果

【1ヶ月時点での効果】
  • ABCの歌が歌える
  • Helloなどの簡単な挨拶ができる
【3ヶ月時点での効果】
  • 主な食べ物を英語で言える
  • 1~12月を英語で言える
【半年時点での効果】
  • 「I like ~」「I am ~」など簡単な英語を話せる
  • 「What ~」「How ~」などよく使う質問を言える
【1年時点での効果】
  • 発音の基礎を理解する
  • 講師に自分から話しかけられるようになる
  • 英語にたいする恐怖心がなくなる

【上達するためには?】英会話スクールの活用法

ー活用法ー
  1. レッスン外での自習も頑張る
  2. 自分の目的やレベルに合ったコースを選ぶ
  3. モチベーションに頼らず、英語学習を習慣化する

英語を上達するために英会話教室は、どう活用するのがよいのでしょうか?効果を実感するために必要なことをまとめました。

活用法1)レッスン外での自習も頑張る

レッスンだけで終わってしまっては、なかなか身に付きません。必ず事前学習と復習を自宅で行いましょう。

英会話教室はあくまでもアウトプットの場です。自宅でのインプットを頑張ることによって、より早く英会話教室でのレッスン効果を実感できます。

そして「自習→アウトプット」を繰り返すことが、英会話学習における一番の近道です。

活用法2)自分の目的やレベルに合ったコースを選ぶ

英語を学ぶ上で、自分がどうして英語を学びたいのか「明確な目的」を持つことが、とても重要です。

「なんとなく英語を話してみたい」といった、曖昧な理由だと目的達成までの道筋が描けず、挫折してしまいがちです。

英会話教室では、一人ひとりの目的やレベルにあった多種多様なコースを設けられています。もちろん、英会話教室によって強みとしているカリキュラムは異なりますが。

自分の現在のレベルと自分の目的を確認し、より最適なコースを選びましょう。

活用法3)モチベーションに頼らず、英語学習を習慣化する

英語の勉強を続けていれば、モチベーションが上がっている時もあれば、下がる時もあります。しかし、英語は毎日コツコツ続けていくことがとても大切です。

モチベーションに左右されないよう、英語学習をしっかりと「習慣化」することが重要になります。

例えば「電車での通勤時間はいつもアプリで勉強する」「就寝前の1時間は必ず英語の勉強時間にあてる」など、自分が続けやすい習慣にチャレンジしてみてください。

それでも停滞期にぶつかったり、どうしてもやる気が出なくなったりする時もあるかもしれません。

そんな時はカウンセリングさんに相談してみること一番の近道です。

代表的な「ロゼッタストーン・ラーニングセンター」では、専任カウンセラーの定期カウンセリングと、講師による定期上達診断により、目標に到達できるようサポートしてもらえます。

【Q&A】よくある質問集

ー質問リストー
  • Q1)「英会話教室に通う意味はない」という声は本当なのでしょうか?
  • Q2)英会話教室に通うとどんなメリットがありますか?
  • Q3)英会話に通うデメリットはありますか?
  • Q4)英会話教室では、短期間で勉強することができますか?
  • Q5)英会話教室に通う以外で、英語を学習する方法はありますか?

最後に英会話教室の効果について、よくある質問を5つまとめておいたので見ておきましょう。

Q1)「英会話教室に通う意味はない」という声は本当なのでしょうか?

結論から言うと、明確な目的をもって英語を学ぶ人には効果があると言えます。

自分の目的達成のための学習の1つとして英会話教室を利用しましょう。

英会話教室はあくまでも「学習の一部」であり「アウトプットの場」です。自宅学習でのインプットにも励むことができれば確かな実感を感じられるはずです。

Q2)英会話教室に通うとどんなメリットがありますか?

主なメリット
  • 学習のリズムがつくりやすくなるので、英語の勉強を習慣化させることができる
  • カリキュラムなどのサポート体制が整っている
  • 勉強のことなどでいろいろ質問できるスタッフやカウンセラーがいる
  • 同じ目的を持った仲間と出会えることでモチベーションがあがる

特に注目すべきメリットは「英語の習慣化」と「カリキュラムのサポート」です。

自分で勉強する場合と比べると、継続率と効率が段違いに異なります。そのため、効果的に英会話を学習したい場合は、やはり英会話教室の利用がオススメです。

他にも、英会話教室には「勉強の習慣化」「悩みのサポート」「同じ目的を持った仲間との出会い」など、英語学習を効率的に続けていくためのメリットがたくさんあります。

Q3)英会話に通うデメリットはありますか?

主なデメリット
  • 通学しただけで英語力があがると勘違いしがち
  • 通学に時間がかかる
  • オンライン英会話などと比べると受講料が高いところが多い

当サイトにも数多く寄せられる、代表的なデメリットは「通学に時間がかかる」「お金がかかる」この2つです。

英会話教室を利用するにあたって、この2つは避けては通れない問題になります。それぞれ「自宅から15分以内の英会話教室に通う」「料金比較をしっかり行う」などの対応で、解消することが可能です。

しかし「楽さ」と「料金の安さ」を追い求めるのであれば、どうしてもオンライン英会話には勝てません…。

メリットとデメリットを比べた上でも「通いたい!」と思える場合は、英会話教室がぴったりです。

Q4)英会話教室では、短期間で勉強することができますか?

いくつかの英会話教室では「短期集中コース」が用意されています。

例えば”ロゼッタストーン・ラーニングセンター”では、「ビジネス英会話短期集中コース」と「日常英会話短期集中コース」の2つが用意されてます。

また、もっと本気で短期的に学びたい人には「コーチング英語」がおすすめです。

コーチング英語とは、一人ひとりに専属のコーチとコンサルタントが付く英会話教室です。

レッスン時間以外も含めた「日々の英語学習計画」や「学習時間」を徹底的に管理してもらえます。

数か月~1年間の短期間で大幅な英語力向上を目指すカリキュラムが組まれているため、本気で成果を出したい人にはピッタリです。

Q5)英会話教室に通う以外で、英語を学習する方法はありますか?

一般的な学習法
  1. オンライン英会話
  2. 英語教材での独自学習
  3. 英語学習アプリ

①オンライン英会話はわざわざ通う必要もなく、予約さえ取れればいつでも好きな時間にレッスンを受けられます。また費用も、英会話教室と比べると安いスクールがほとんどです。

②英語教材は実にさまざまなタイプのものがあります。自分にあった教材を選ぶことは少し難しく、自分で進めていく強い意志が必要です。

③英語学習アプリは、近年新しいものが次々とリリースされています。続けやすいよう工夫を凝らされたものが多く、中には無料で使えるものも。時間や場所も選ばないため、ちょっとしたスキマ時間を有効に使えて便利です。

最後に伝えたいこと

このページでは、英会話教室での学習における悩みの解決法として「ロゼッタストーン・ラーニングセンター」を何度かオススメしました。

広告宣伝のように感じた方がいるかもしれませんが、編集部としては真剣におすすめしています。

「カウンセリングによるモチベーション管理」「日本人ならではの癖を理解した講師の在籍」「短期的なレッスンにも対応」など、どんな方にも合わせられる万能型の英会話教室です。

あまり強くおすすめすると、宣伝のようになってしまうので、これ以上は控えますが気になった方はぜひチェックしてみてください。