英語学習法

初心者が英会話を独学でマスター|自力で上達できる教材・勉強法を紹介

【当ページで目指す英会話レベル】
日常会話や海外旅行で困らない

【対応レベル】
英会話初心者から対応可能

近年「英会話を学びたい」と考える方が増える中、「英会話力を独学で鍛えるのは難しいのか…?」という疑問的な意見が多く寄せられます。

そこで当ページでは、英会話を独学でマスターしたい方に向けて、具体的な勉強法から教材をまとめました。

主に「英会話をこれから学びたい!」という初心者の方が活用できる内容となっているので、ぜひチェックしてみてください。

また、5分ほどで全編チェックできるので、初心者の方はぜひ目を通してみてください。

【英会話独学のススメ】勉強法のポイント3つ

抑えるべきポイント
  • 興味ある内容とリンクさせる
  • スキマ時間を使う
  • とにかく話すことを意識する

英会話を独学で勉強する場合、どのようなやり方で学習していけば良いのでしょうか?

ここでは、実際の学習方法に入る前に、独学での勉強法のポイントを3つ紹介します。

これらのポイントを押さえて、独学で英会話を習得しましょう。

ポイント1)興味ある内容とリンクさせる

英会話勉強法のポイント1つ目は、興味ある内容とリンクさせることです。

いくら勉強だと言っても、興味のない内容で英会話を学ぶのは苦痛なこと。特に、独学だとその辛さを共有することも困難であるため、挫折の原因になってしまいます。

挫折を避けるためにも、興味のある内容を題材にして英会話を学ぶようにしましょう。

例えばアニメやドラマが好きなら、英語音声や英語字幕に切り替えて見ることで、独学で英会話の勉強ができます。

料理が趣味なら英語で書かれているレシピを活用したり、英語で料理の作り方を説明している動画を見たりすることで、料理を題材に独学で英会話を学習可能です。

Youtubeなどの動画サイトを使えば、自分が興味あることについて、英語で話している動画がすぐに見つかります。よりリアルな英語を気軽に学ぶこともできるので、趣味とリンクした内容を題材に独学で英会話を学んでみましょう。

ポイント2)スキマ時間を使う

2つ目のポイントは、スキマ時間を活用することです。英会話を独学する魅力の一つに、いつでもどこでも学べることが挙げられます。

独学だと、まとまった時間を確保しても集中力が持たないこともあるため、スキマ時間を上手く活用して独学で英会話を勉強しましょう。

例えば、通勤や通学中にリスニングの音源を聞いたり、お風呂に浸かっている間にスピーキング練習をしたりすることが挙げられます。

外出の時には、荷物が増えないようにアプリなどを活用するのがおすすめです。予期せず時間ができた時にも、スマホさえあれば独学で英会話の学習ができます。

また、頭の中で実況中継のように、英語を使って自分の行動を表現してみることもおすすめです。

参考書やスマホがなくてもできますし、スキマ時間を活用することもできます。

ポイント3)とにかく話すことを意識する

英会話を独学するための最後のポイントは「とにかく話すことを意識する」です。

英会話を独りで学ぶことにおける一番のデメリットは、実際に話す機会が圧倒的に少なく、学習したのに話せるようにならないことにあります。

英会話の学習方法として、スピーキングは一番大切な要素であるため、英会話を独学する場合は特に「話すこと」に重きを置くようにしましょう。

また、英語を学習していると「読むだけ・聞くだけ」で話せたつもりになってしまうことが多くあります。

そのため、読むときには”音読する”、聞くときには”リピート”するなど積極的に声に出しましょう。声に出すことで、意味は理解していたのに発音できなかった単語や表現に気づくことも可能です。

また、声に出すことで口と耳を使って表現を覚えることができ、リスニング能力の向上にも繋がります。話すことを意識し、英会話の独学を効率的に進めていきましょう。

【絶対NG】おすすめしない勉強法3選

NG行動リスト
  • 初めから大きなノルマを設定すること
  • いつまでも日本語に訳して理解しようとする
  • インプットばかりを繰り返す

英会話を独学で勉強するときに、やらない方がいい・おすすめしない勉強法を3つ紹介します。

教えてくれる人がいないからこそ、自分の勉強法が間違っていても気づくことができません。

ここで紹介されているNGな勉強法をチェックし、間違った勉強をしていた場合には、すぐに正すようにしましょう。

1)初めから大きなノルマを設定すること

初めから大きなノルマを設定することは、やってはいけない勉強法の一つです。

大きな目標を持つことはモチベーションになりますが、大きなノルマを課すことは挫折する理由になってしまいます。

学習を始めた時はモチベーションがあり、たくさんのやりたいことが思い浮かぶでしょう。

しかし、その時の気持ちでノルマを設定してしまうと、疲れが蓄積してきたりモチベーションが落ちたりした際に、自分で自分の首を締めてしまうのです。

英会話学習において何より大切なことは、継続して学習すること。初めはノルマを小さめに設定し、ノルマに慣れてきてから、次の大きなノルマを設定するようにしましょう。

2)いつまでも日本語に訳して理解しようとする

やってはいけない勉強法の2つ目は、日本語に訳して理解しようとすることです。

実際に英語で会話する際は、一文一文を日本語に訳して理解するわけではありません。そのため、英会話を学習しているときに、日本語で訳して理解しようとするのは避けましょう。

とは言え、文法を学ぶ時など、初心者が学習の理解を深めるケースに限っては正しい学習法と言えます。ただし、日本語に訳して英語を理解する方法をいつまでも続けるのはNGです。

日本語訳する癖がつくと会話をいちいち中断して理解・発言することになってしまい、スムーズな会話ができません。

日本語を介さず英語をそのまま英語として理解できるように学習していき、実際に会話をする場面でもスムーズに会話を続けることができるようになりましょう。

3)インプットばかりを繰り返す

インプットばかりを繰り返す勉強も、やってはいけない勉強法の一つです。

勉強という名目から、どうしてもインプットが多くなってしまいがちですが、アウトプットも大事な英会話学習の一つ。インプットばかりを繰り返すのはNGです。

インプットをすればするほど、英単語や英語表現を覚えていくように感じます。しかし、いくら単語や表現を覚えていても実際に使えなければ、意味のない学習に過ぎません。

独学の場合は、特にアウトプットの機会が少なく、インプット中心の勉強になってしまいがちです。1日の終わりに、今日覚えた単語や表現を使って英語で日記を書いてみるなど、何らかの形でアウトプットする癖をつけるようにしましょう。

初心者が独学で英会話をマスターする手順

3つのステップ
  • Step①)英語の基礎力をつける
  • Step②)英語脳をつくる
  • Step③)実践力をつける

初心者が独学で英会話をマスターするためには、以下の3ステップで学習を進めていくのがおすすめです。

勉強の手順を守らないと、英会話ができるようになるどころか、苦手意識が増してしまいます。

初心者だからこそ、英会話学習の手順を守り、一つひとつ順番にレベルを上げていくようにしましょう。

Step①)英語の基礎力をつける

初心者が独学で英会話をマスターするためのファーストステップは、英語の基礎力をつけることです。ここで言う「基礎力」とは、単語・文法・発音を指します。

単語や文法と言っても、中学校レベルが理解できるようになれば十分です。中学生レベルの英語の参考書やテキストを購入し、スラスラ読めるくらいになるまで学習をしましょう。

ここで重要なことは、CDや音源付きの参考書を購入することです。音源をよく聞き、正しい発音ができるようになるまで繰り返し練習しましょう。

中学生レベルの単語・文法がスムーズに理解でき、正しい発音を学ぶことができれば、それ以降の英会話学習もスムーズに進められます。

Step②)英語脳をつくる

初心者が英会話をマスターするための手順2つ目は、英語脳をつくることです。

英語脳とは、日本語を介さず「英語を英語のまま理解する力」を指します。例えば、「How are you?」と言われたら、瞬時に「I’m fine. Thank you.」と返すことができるように、”英語を日本語に訳さない”癖をつけましょう。

初めはリーディングやリスニングを繰り返し行い、スムーズに読める・聞けるようになることを目指します。英語を英語のまま理解することに慣れてきたら、自分で伝えたいことを文章にしてアウトプットしてみましょう。

難しい単語や文法を使う必要はありません。今まで覚えてきた単語や文法を使って、英語を英語のまま理解できることを目指しましょう。

Step③)実践力をつける

英語の基礎力をつけ、英語脳を身につけたら、英会話の実践力を鍛えていきましょう。

実践力とは、自分の伝えたいことを英語で話せる力のことです。基礎力と英語脳があれば、ここからは自分の伝えたいことを自由に伝えるために学習を継続させていきます。

実践力をつけるためには、教科書や参考書から離れ、自分の表現したいことをアウトプットしていきます。

独学の場合には、日記を英語で書いてみたり、頭の中で英語を使った実況中継をしてみたりすることなどがおすすめです。

どう表現していいのか分からない時には調べてみて、出てきた表現を覚えるようにしていくとGood。

アウトプットを意識的に行うことで、表現したいことを自由に話せるようになるでしょう。

【具体例】半年に渡る初心者向けスケジュール

【現状レベルレベル】
英会話初心者

【半年後レベル】
日常会話や海外旅行で困らない

初心者が半年という短期間で日常会話や海外旅行が困らないレベルになるための、英語学習スケジュールを紹介します。

英会話の学習は長く続けていくことが大切です。無理のないペースで学習を進められるよう、自分のペースに合わせてスケジュールを組み直して活用してください。

1ヶ月目「中学生レベルの文法・単語をマスターする」

ーやることー
  • 中学生レベルの文法を一通り学習する
  • 参考書に出てきた単語の意味を覚える
  • 参考書に出てきた単語や表現の発音を学ぶ

はじめの1ヶ月は、中学生レベルの文法や単語、その発音をマスターしましょう。簡単な内容からで構わないので、文法の参考書や教材を一冊買い、そこで解説されている文法や単語を勉強していけばOKです。

参考書はCD付きや音声がダウンロードできる教材を選び、出てくる単語や文章の発音を聞いて覚えるようにします。

この教材に載っている単語や文章の意味が「完璧に分かる!」と言う状態を目指しましょう。一冊問題なく進むことができたら、少しレベルの高い参考書を追加で購入するのもおすすめです。

2ヶ月目「中学生レベルの英文をスムーズに読めるようになる」

ーやることー
  • 中学生レベルの参考書に出てくる英文の発音を学ぶ
  • シャドーイングなどを繰り返し、声に出してスムーズに読めるようになるまで練習する
  • 初めて見た英文の意味が分かり、発音できるようになるまで文法や単語の学習を繰り返す

1ヶ月目に使っていた参考書を使い、スムーズに音読できることを目指しましょう。

まずは、ゆっくりでいいので、正しい発音で話せる練習をします。スマートフォンの言語設定を「英語」にして、音声認識機能などを活用することで、無料で正しい発音ができているか客観的に判断することも可能です。

正しい発音ができたら、一文をスムーズに読めるようになるまで繰り返し音読を繰り返しましょう。

スムーズな音読ができるようになったら、初めて見た同じレベルの英文でも意味がわかり、音読できるようになるまで学習を繰り返し行います。

3ヶ月目「中学生レベルの文法を使いこなせるようになる」

ーやることー
  • 2ヶ月目までに学習した文法・単語を使い、日本語から英語に訳す練習をする(ライティング)
  • スピーキングでも同様に、今まで学習した表現を日本語から英語に訳す練習をする
  • 瞬時に変換できるまで繰り返し練習する

文法や単語がわかり、音読ができるようになったら、次は日本語から英語に訳せるようになりましょう。

これも今まで使ってきた教材で構わないので、出てく日本語の表現をチェックして、英文に訳すことを繰り返します。

初めはライティングのみで、一文一文合っているか丁寧に確認していきます。ライティングで一通りできるようになったら、英文を書かずに、スピーキングで訳す練習をしましょう。

日本語を見て瞬時にできるようになれば、3ヶ月目の目標は達成です。

4ヶ月目「自分の伝えたいことを英語で表現できるようになる」

ーやることー
  • 3ヶ月目までに学習した文法・単語を使い、日記・手紙などを書く
  • 3ヶ月目までに学習した文法・単語を使い、脳内で実況中継をしてみる
  • 表現方法が分からない場合は、調べて出てきた表現を覚える

4ヶ月目は、自分の伝えたいことを英語で表現できるようになることを目指しましょう。

3ヶ月目までに学習してきた文法や単語で、日記や手紙などを英語で書いてみたり、脳内で英語実況をしてみたりしてアウトプットを繰り返します。

表現したいことがあるのに、英語でどう表現していいのか分からない…という時には、少しレベルの高い参考書などで表現を調べてみてください。または、簡易的な方法であればGoogle翻訳などを活用してもOKです。

出てきた表現はその度に覚えて、使えるようにしましょう。

この時のポイントは、表現したいことを”一言一句”間違いなく英語にしようと思わないことです。なるべく今まで習った表現で簡単に伝えられないかを考えてみましょう。

5ヶ月目「英語で表現するスピードを上げる」

ーやることー
  • 4ヶ月目にやっていることを継続する
  • 培ったボキャブラリーを瞬時に使えるまで、日記で繰り返し練習する
  • 音声認識機能を使い、発音が正しく認識してもらえるように練習する

5ヶ月目は、4ヶ月目にやってきたことを繰り返し実践しつつ、なるべく早いスピードでできるようになるまで繰り返しましょう。

自分が一度書いた英文を使い、瞬時に英語で表現できるようになるまで、同じ英文を繰り返し表現する練習をします。スムーズに声に出せるようになるまで行いましょう。

また、スマートフォンの音声認識機能などで、英語の発音が正しくできているかの確認も行うのがおすすめです。

6ヶ月目「実践形式で英会話を学ぶ」

ーやることー
  • アプリなどを活用し、実践形式で英会話をしてみる
  • オンライン英会話などを利用してみる
  • 実践形式で英会話を使うことを繰り返す

6ヶ月目には、英会話を実践形式で学びましょう。バーチャルのキャラクターと英語で会話できるアプリや、英語圏の人と実際に話せるアプリなどがあるので、スマホのアプリを使ってみるのがおすすめです。

また、オンライン英会話なども活用してみましょう。初めの数回は無料や格安で体験ができたりする他、日本語が話せる講師がいるサービスもあるので、不安な人でも気軽に利用できます。

6ヶ月目以降にも、実践形式をひたすら繰り返し、徐々にレベルアップしていきましょう。

【三日坊主を防止!】学習を継続するためのポイント3つ

継続するポイント
  1. 小さな目標をいくつも設定する
  2. できるだけ習慣化する
  3. 学習の成果を可視化する

当ページの最後の章として、独学を三日坊主で終わらせないためのポイントを3つお届けします。

せっかく「独学で英会話を学んでみよう!」と思い立っても、次の日にはやる気がなくなってしまっていては勿体ないです。

ぜひ、3つのポイントを参考に継続してみてください。

ポイント①)小さな目標をいくつも設定する

先ほども言ったとおり、大きすぎる目標設定は挫折に繋がります。

そのため、大きな目標を達成するまでの過程で、細かく分けた小さな目標をいくつも設定することが大切です。

また、人間は達成感によってモチベーションが大きく左右されやすい生き物。どんなに小さな目標でも達成感を味わうことで、モチベーションアップに繋がります。

むしろ、1日単位で小さな目標を設定しておくことで、日々「自分は進んでいるんだ!」という達成感から自信にも繋がるでしょう。

ポイント②)できるだけ習慣化する

英語学習に限らず、全ての勉強において習慣化は重要です。

例えば、日常の習慣の一つである「歯磨き」。あまりにも疲れている時は面倒かもしれませんが、日常で「歯を磨くのが嫌だ…」なんてことは思わないでしょう。

つまり、“歯を磨く”かのごとく勉強できたら、独学も継続できます。

とは言え、簡単に習慣化できたら苦労しません。「if(イフ)then(ゼン)ルール」といった科学的に効果があるとされている方法もあるので、興味のある方はぜひググってみてください!

習慣化の方法について、詳しく説明したいのは山々ですが素人目線ではあまり詳しく解説できないため、当サイトでは以下の著書をおすすめしておきます!

ーメンタリストDaiGo「超習慣術」ー

ポイント③)学習の成果を可視化する

実際に、海外の方と英語で話してみないと、英会話力の上達具合は非常に分かりづらいです。とは言え、海外の方と直接話す機会なんてあまりありません。

そこで、当サイトではオンライン英会話の無料体験レッスンを活用して、実際に海外の方と英語で話してみることをおすすめしています。

実際に、英語で話してみることで「自分はどんな所で詰まってしまうのか…」なんてところも見えてくるでしょう。

また、まだ英会話の勉強を始めていない初心者の方でも、現状のレベルを確認するために、とりあえず無料体験レッスンを活用してみてもOKです!

最後に伝えたいこと

ーこのページの活用法ー
  1. 「英会話独学のススメ」を頭に叩き込む
  2. 「独学におけるNGな勉強法」を軽くチェック
  3. 「初心者における英語独学の手順」で全体像を把握
  4. 「編集部が実践した具体例」を参考に自分に当てはめる
  5. 「独学を継続するためのポイント」を最後に確認

当ページでは、英会話初心者の方に向けて独学で学習できる手順をまとめました。少し内容が多かったかと思いますので、上記の通りもう一度読み直しみると良いかもしれません。

また、当ページでまとめた内容はあくまで、編集部が実際に体験した内容から導き出した手順です。もちろん、当ページでまとめた内容以外の学習方法は存在するでしょう。

いくつかの学習方法を試してみて、自分に一番合った手順を見つけましょう。