英語学習法

【600点超え】TOEIC初心者におすすめの勉強法|初めては何から始める?

「TOEICは難しい試験だ」と言う方は、意外と世の中に多くいるように感じます。

しかし、多くの方が思っているほどTOEICでのスコアアップは難しくなく、勉強すればしっかりと結果を残せる試験です。

とは言え、「どのくらい勉強したらいいの?」「どんな勉強したらいいの?」

「そもそもどれくらいのスコアを目指せばいいの?」など、疑問がいっぱいの方も多いのではないでしょうか。

そこでこのページでは、次のような疑問を解決していきます。

全体を通して、3~4分ほどで目を通せます。テレビCM中や、電車を待つ数分などでサクッと目を通してみてください。

TOEIC初心者が目指すべきスコアとは?

TOEIC初心者が目指すスコア

TOEIC初心者の方が、初めに目指すべきスコアはだいたい400点~600点くらいだと言われています。

もともとの英語力や勉強法(独学なのかコーチを付けるのか等)、TOEICまでのスケジュールにもよりますが、まずは400点台から目指してみてください。特に、初心者の方は無理のない目標を立てることが秘訣です。

とは言え、TOEIC初心者だからといって高得点が狙えないわけでもありません。勉強方法によっては、初心者であっても600点以上取ることができます。

【まずやること】スケジュールを組む

2020年のTOEIC最新スケジュール

TOEICは例年、2月・8月を除き一年に10回の受験チャンスがあります。(2020年はコロナウィルス感染防止対策の為、実施状況に変更があります)

自分の受験したい時期を決め、そこから逆算して勉強スケジュールを立てましょう。

詳しい、TOEICの年間スケジュールは公式サイト内で確認できます。(【TOEIC公式】テスト日程・申し込み)

勉強スケジュールの順序としては、

  1. 知識を深める
    単語や文法の基本的知識を増やす時期
  2. パターンに慣れる
    各パートごとの問題を解き、出題傾向を知る
  3. 本試験対策
    実際の時間設定で問題集を解き、自分の弱点を見つけ、繰り返し復習する

まず単語など基礎ができていないと問題も解けないので、ある程度の知識をつけてから問題に取り掛かりましょう。

パターンが分かってきたら本試験対策として問題集を解き、繰り返し復習することをオススメします!

4つの基礎的なTOEIC対策

「初心者が目指すべきスコア」「スケジュールの組み方」をお伝えしたところで、次に主なTOEIC対策の方法をお届けしていきます。

のちほど、TOEIC初心者でもやりやすい具体的な勉強法を紹介するので、まずは軽く対策法について見てみましょう。

①単語力を強化する

TOEICの基礎対策「単語力を強化する」

TOEICに必要な単語は、上級者レベルでも4000語あれば95%はカバーできるという研究結果が出ています。

最重要単語3000語を覚えるだけでもスコアがグンと上がるとされているので、初心者の方には単語学習が効率よく点数を上げる近道になるでしょう。

単語の勉強は、「反復」が大事です。単語帳は一冊に決めて、何度も繰り返し頭に入れることが単語を覚える最短のルートだと言われています。

3周終える頃には、驚くほど単語力が上がっているはずです!

②文法問題の対策をする

TOEICの基礎対策「文法の対策」

TOEICでは、part5・part6で文法問題が出題されます。

時間の限られた中で、多くの問題をスピーディーに解いていけるかがTOEICスコアアップの鍵。1問あたり「15~20秒」で解くことが理想とされています。

「空白の前後だけを読んで正解を導き出す」というテクニックを使う上級者もいますが、初心者の方にはあまりオススメできません。

TOEICテストは時間との戦いであり、何度も挑戦している600~800点台あたりの方でも制限時間内に解ききれないことは珍しくありません。

そのため、全問題を解かなければと焦ってしまうよりも、まずはしっかりと問題と向き合って解くことをオススメします。

ちなみにpart5は短文なので、一文を読んで内容を理解し解答していく方法がベストです。

③リスニング力を鍛える

TOEICの基礎対策「リスニング力を鍛える」

リスニング対策として外せないのは、質問の文頭に意識を置くことです。

「What」「Where」「When」「Who」「How」など、文の最初に来る疑問詞に集中して聞いてみると、内容が頭に入ってきやすいでしょう。

また、英語には会話文の中で消えてしまう音があります。

たとえば、「How are you?」は「ハウ アー ユー?」ではなくてネイティブが発音すると「How」と「are」がくっついて曖昧な音となり、「ハワーユ?」のように聞こえます。

このような現象が、リスニングでは多々起こるのです。そのため、正確な発音を理解しておくことは、リスニング問題が100問もあるTOEICでは、とても重要です。

では、正確な発音を聞き取れるようにするには、どのような勉強法があるのでしょうか?

次の章で、その具体的な勉強方法をお伝えしますので読み進めてみてください。

④実践的な試験対策

公式問題集を購入し、実際に試験と同じ時間内で問題を解いてみましょう。

できれば、試験実施の時間帯に合わせると、より本番に近い状態を体験できるのでオススメです。

解き終わったら、時間をかけてゆっくりと答え合わせをしましょう。

間違えた問題はそれぞれなぜ間違えたのか、理由がわかるようになるまで見直すと、新たな発見もあり一石二鳥です!

【初心者向け】具体的なTOEIC勉強法

初心者の方に英語学習の基本として知っておいていただきたい勉強法は、こちらの3つです!いずれも無料でできる勉強法となります。

  • シャドーイング
  • ディクテーション
  • 精読

1つめは、英語音声を使い、聞こえた通りに少し遅らせて復唱するシャドーイング。

最初は英文を読みながらでもOKです。リスニング対策にもなりますし、単語や文法理解力にもつながります!

2つめは、聞こえた英文を書き写すディクテーション。

TOEIC part5のような短めの英文を使い、いくつも挑戦してみましょう。こちらはTOEIC対策の章でお伝えした、会話文で「消えてしまう音」に注目し英語同士の繋がりを意識できるので、やり続けると正確に英文を聞き取れるようになります!

3つめは、英語長文を意味がわかるまで読み込む精読。

TOEICではpart6、part7で長文問題が出題されます。意味をしっかり理解しながら読む習慣をつけて文法や構文に慣れてくると、英文に対する拒否反応がどんどん無くなって楽しめるようになります。

初心者におすすめの参考書・教材

続いて、TOEIC初心者向けの参考書も3冊ご紹介します。先ほど紹介した勉強法にあわせて、ぜひ参考にしてみてください。

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく

参考書の詳細を見る

ビギナー向けの参考書です。中学英語を完璧に抑えていれば、およそ400点は取れます。

そしてこの本には、単語や文法の基本的な内容が初心者にもわかりやすく書かれており、練習問題もたくさん掲載されています。

そのため、基礎を固めるにはばっちりの参考書です。何事もまずは、基礎部分を固めていくことから始めましょう。

TOEIC L&R TEST出る単特急 銀のフレーズ

参考書の詳細を見る

TOEIC満点取得者の「TEX加藤」さん著書。

必要最低限の単語に絞って作成されており、初心者の方にとてもオススメです。

例文も豊富でところどころにジョークが含まれているため、初心者の方でも気軽に進めやすい内容となっています。

クスッと笑えるポイントもあるため、ガチガチの参考書が苦手だという方にはぴったりです。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 6

参考書の詳細を見る

実際の試験に限りなく近い問題が出題されており、試験慣れしておくためには欠かせない問題集です。

また、リスニング問題のCDも付属しているため、解き終わった後にシャドーイングやディクテーション練習もできます。

実際のテストが2回分入っているので、初心者の方でも気軽に実践練習が可能です。

この一冊で英文精読の訓練にもかなり役立ちます。

【Q&A】よくある質問集

ー質問リストー
  • Q1)超初心者でもこのページの勉強は役立ちますか?
  • Q2)初心者が高スコアを目指す方法はありますか?
  • Q3)独学だけでTOEICを受けても大丈夫ですか?
  • Q4)短期的にスコアを上げる方法はありますか?
  • Q5)まずやることを1つに絞るなら何ですか?

最後にTOEIC対策として英会話を学ぶ場合に、よくある質問を5つまとめたので見ておきましょう。

よくある質問1)超初心者でもこのページの勉強は役立ちますか?

このページでは超初心者の方でも始めやすい、単純な勉強法だけに絞ってお伝えしています。

上級者になればなるほど、自分の英語の弱点などが見えてきて、色々な勉強法を試す必要が出てきます。その点、初心者の方が勉強は始めやすいでしょう。

初心者の場合はあれこれ考えず、とにかく基本を押さえて最低限の量でなるべく高スコアを目指すことが大切です。

よくある質問2)初心者が高スコアを目指す方法はありますか?

基本的にはこの記事を読んで、オススメの勉強法を実践していただければ、初心者でも高スコアは目指せます。

しかし、自分で勉強することは思った以上に難しいです…。編集部スタッフもTOEIC経験者であるため、その難しさは痛感しています。

そのため、独学に不安がある方、確実に英語力や単語・文法を鍛えて高スコアを目指したい!という方には「オンライン英会話」がおすすめです。

スマホアプリを使えば、通勤・通学中などのスキマ時間にも英語に触れられるため、忙しい大学生や社会人でも時間をうまく使って勉強できます。

単語を覚えるだけでも違いますし、気軽にネイティブの発音をリスニングで聞けるため、英語習得にかなり有利です。

よくある質問3)独学だけでTOEICを受けても大丈夫ですか?

もちろん、スクールに入らず独学でTOEICを受ける方も多く存在します。

そのため、独学で満点を取るという強者も中にはいるので「独学はダメ!」ということはありません。

しかし、テキストや参考書を見ても「ここがどうしてもわからない…」という時に、誰か教えてくれたらなぁ…というケースが多いのも事実。

独学でもOKですが、塾や教室の講座に通うのもいいでしょう。気軽に質問できたり、親身になってくれるコーチがいた方が、やはり効率的です。

目標の設定はもちろん、直前には模試などを活用して勉強の仕方を指示してもらえます。より早く、高いスコアを狙えるようになるでしょう。

よくある質問4)短期的にスコアを上げる方法はありますか?

「一回の試験でTOEIC600点以上取りたい!」「2カ月でスコアアップが必要!」など、短期間で頑張りたいという方は非常に多いです。

そんな急を要する方には「コーチング英語」がおすすめ。

限られた時間で、高スコアを目指せる学習法に特化しているため、コーチの指導にしっかり従えば高スピードで英語力が上げられるでしょう!

よくある質問5)まずやることを1つに絞るなら何ですか?

どうしても一つに絞りたい場合は、やはり単語力強化をオススメします!

リスニングでもリーディングでも、単語が基本です。文法がわかっても語彙力が足りなければ、意味を正確に理解できません。

何度も繰り返すことで、単語はどんどん身についていくので、まずは基本的な英単語を覚えましょう。

最後に伝えたいこと

今回は、TOEIC初心者におすすめの勉強法や、基礎知識についてお伝えしました。

まずは単語や文法のレパートリーを増やすことで、リスニング力・リーディング力を鍛えていきましょう。

とは言え、仕事や学校に通いながら独学で英語を勉強することは難しいことです。編集部もTOEIC経験者であるため、痛いほどわかります…。

疲れてしまって、ついサボってしまうこともあるでしょう。そんな方は、独学以外の手段を使うのも一つの手です。

また「どうしても2か月以内で大幅に点数をアップさせたい!」など、短期間で集中したい方は「英会話スクール」が最適と言えます。

サポートを受けながら目標を持って計画的に進められるためオススメです。

その人の状況や目標、スケジュールによってTOEICの勉強法はさまざまなので、初心者だからといって諦めずチャレンジしてみてください!

TOEIC対策に強いオンライン英会話8選|効果的なスコアアップの鍵は?TOEIC対策できるオンライン英会話を比較し、おすすめをご紹介!料金が高いスクールも多いため、できるだけ安い・コスパが良いものをお届けします。600点を目指すのか、900点を目指すのか、適切な学習レベルや教材をご紹介します。...